最前線☆ウェブ会議システム

ウェブ会議のシステムを比較してみよう

当サイトではウェブ会議で用いられるシステムに関する情報を比較しています。システムを作っている会社はたくさんあるため、いろいろな条件で比較した方が無難です。もちろん費用がかかります。予算内で収まるようにしましょう。

ウェブ会議はスムーズに行われるようにすることがポイントです。それにはシステムがきちんとしていないことには対応できません。よって、技術力が高く、初心者でも簡単に使いこなせるようなものを導入することになります。

実際に試してみることも可能です。無料で試すことができたり、一定期間お試し期間として利用できたりするシステムもあります。その際、使い勝手の良さなどを確認してみましょう。口コミで評判のいい会社のものを選ぶのもおすすめです。そんな点を当サイトではまとめています。各会社の特徴をじっくり確認した上でより良いと感じられる会社に依頼してみましょう。

FRESH VOICE

FRESH VOICEは国内シェアナンバーワンのテレビ会議システムで、14日間の無料トライアルがあるため気軽に試せます。利用する時は資料請求をすると詳しい内容が分かり、導入してかかる経費を減らせるように考えると効果的です。

他のウェブ会議システムからFRESH VOICEに乗り換えたい時は2ヶ月間無料キャンペーンを実施し、比較してから選ぶことができます。以前のシステムでつながらないことや接続が面倒など悩みがあれば解消でき、最適な方法を探すきっかけにすると便利です。

FRESH VOICEは公式サイト上で導入事例があり、内容を参考にするとどのような使い方をするか知るきっかけになります。ウェブ会議システムは情報の伝達をスムーズにしてかかる費用を減らせ、コスト削減や生産性向上ができることがメリットです。

WebEx

最近は国内の各拠点や海外拠点など離れた場所での打合せを効率的に行う為に、ウェブ会議を利用されるケースが増えています。これからウェブ会議のシステム導入を検討される方は、WebExを検討される事がお勧めです。

この特徴としまして、お互いの顔を見ながら会議を進めてゆき、また発表資料も共有できますので通常の会議と変わらない感覚で対応出来ます。またWebExのウェブ会議は、モバイル端末からも会議に参加出来ますので移動中であっても対応可能です。

更にWebExのウェブ会議は強固なセキュリティシステムを採用していますので安心して利用出来ます。問合せはメールでの24時間受付けに加えてフリーダイヤルも対応しています。

LiveOn

最近は業務の効率化などを図る為、ウェブ会議システムを活用して複数拠点と同時会議を実施しています。これからシステム導入される方はLiveOnの検討がお勧めです。ここではクリアな音声と快適な動画でウェブ会議を進める事が出来ます。

またLiveOnではウェブ会議において、エクセルやワード、パワーポイントなどの資料を参加者と共有できる機能を有していますので、会議を始めとしてセミナーやイベントなど様々なシーンで活用する事が出来ます。

そしてLiveOnのシステムは画面上のアイコンで直感的に操作できますので簡単です。問合せは電話にて平日9時から18時の受付けに加えて、メールで24時間受け付けしています。

ユーザックシステム

ユーザックシステムの提供するシステムを利用してのウェブ会議なら、メンバーがどこにいてもネット環境さえ整っていれば、全員が問題なく会議へ参加できます。会議室が狭くて入りきらない問題もなく、それぞれがネットをつなぎ時間通りに会議へ出ることが可能です。

ニーズ抜応えられる製品を提供するユーザックシステムですが、自社にとって最もふさわしい製品は何か迷う時には、気軽に相談をすることができます。導入を検討しているならば詳しい内容の書かれた資料請求ができますし、リモートデモを利用するのも良い方法です。

ユーザックシステムの取り扱う商品は豊富であり、テレビ会議やウェブ会議システムの利用は業務の効率化やコストダウンなどにもつながります。名人シリーズインストール後はライセンス交付申請ができて、IDとシリアルナンバーでのログインで、快適な利用をすることが可能です。

sMeeting

高いセキュリティのクラウド型Web会議サービスが、sMeetingのウェブ会議システムです。仕事に欠かせないパソコンや、デジタルデバイスを利用することで、いつでもつながることができます。音声に資料や映像など、全てを共有できるためコミュニケーションをツルために不自由はしません。

sMeetingの利用シーンはネット環境があればよいので、集合会議には会社の自分の席にある端末より参加をすることが可能です。時代にあった働き方の在宅勤務などのテレワークにも活用できますし、経営幹部向け会議にも使えます。

低遅延で高圧縮の音声コーディック採用なのがsMeetingであるため、音声はクリアでウェブ会議でも聞き取りやすくて、音声が途切れることもほとんどありません。セキュリティー対策も高いレベルなので、経営会議でも利用も安心です。

株式会社アスリード

最近は複数拠点との会議を行う際に、効率化を図る為にウェブ会議のシステムを導入されるケースが増えています。そしてこれから導入される方は株式会社アスリードを検討される事がお勧めです。この会社のウェブ会議は直感的に操作を行えて使い易くなっています。

そして株式会社アスリードのウェブ会議は、独自の技術により高品質の音声と映像を実現する事が出来ますので、会議をスムーズに進めて行く事も可能です。システムは会議における便利機能として資料の共有なども行えます。

また株式会社アスリードでは、ウェブ会議システムに関する問い合わせをメールで24時間いつでも受付けしていますので安心です。この様に複数のメリットを有する株式会社アスリードがお勧めです。

もしこれからウェブ会議システムを導入する予定でいるなら

今の時代では常識となったウェブ会議システムですが、これから新しいものを導入しようとしているのであれば、どのようなアプリケーションに注目をするべきなのか、そこに注目することが大事だといえます。ウェブ会議システムの中心となるアプリケーションは山ほど存在しているので、ぜひともベストなものを選ぶようにしておきたいところです。選ばれ続けているアプリケーションがどういったものになるのか、それだけでも早い段階で調べておくと良いでしょう。実際に導入して使っている会社、そして個人の体験談が、1番の大きな参考材料になるため、絶対に見逃さないようにしておきたいところです。ネット上であれば、口コミを確認できるような情報サイトがたくさんあります。そこで頻繁に名前がチェックできるアプリケーションを導入してみるのも良いでしょう。

無料で扱いやすいアプリケーションであればそれが1番ですが、基本的には無料期間が過ぎた後で、有料のものにアップグレードしたほうが無難だといえます。もちろん、無料のもので満足ができるなら、そのままでも構わないです。今のこちら側の状況と照らし合わせて、問題なく使いこなすことができるレベルのもの選ぶようにしましょう。ランニングコストでしっかりと計算し、有料のものを選んでも問題がないと判断したら、そこで初めて導入したほうが無難だといえます。無理をする必要はどこにもないので、とりあえずは必要最低限のウェブ会議システムを導入するのが妥当です。最近はパソコンやスマートフォンに導入し、時間と場所に縛られない形でミーティングを行う会社も増えてきました。非常に理想的な形なので、まだ実践していないところは、早めに実現しておくことをおすすめします。

ちなみに、ミーティングを行うのであれば、当然ながら相手の声が聞こえなければ話にならないはずです。なので、ウェブ会議システムを導入するときは、ハイレベルなヘッドセットマイクを導入するようにしておきましょう。周辺機器に1番お金をかけるとしたら、ここです。もちろん、お互いの顔をしっかりと見ることも、重要なポイントではあります。はっきりと見ることによって、ミーティングだけではなく、具体的なプレゼンテーションを行うこともできるでしょう。ただ、それ以上に重要なのは、相手の声が聞き取りやすいかどうかです。優秀な会社であればあるほど、ウェブ会議システムを導入する際には、マイクにお金をかけています。ここだけは妥協せず、将来の投資につながると言うことを強く理解し、良いものを使うように心がけておくと良いでしょう。

先頭に戻る